人形劇の発表(2年生)

2017年12月15日

こんにちは、入試係の山本です。

毎年恒例となりました、介護福祉科2年生による『人形劇発表』の様子です。

今年の2年生は、1月に介護福祉士国家試験を控えていることもあり、準備期間が短い中での制作でしたが「笑いあり」「涙あり」のとても素晴らしい発表をしてくれました!

(今年も勝手に)各グループに特別賞を贈りたいと思いま~す(^O^)♪

①班『笑点』

「介護実習あるある川柳」「徘徊しているおばあちゃんになって一言!」「吉川福祉ってどんなところ!?」など、お題も回答も大笑いだったで賞

 

②班『おおきな木』

おおきな木が、少年の夢や幸せを叶えるために、自分(木)になっているリンゴや枝、最後は自分(木)の幹まで分け与えてあげるという、なんて心の温まるお話だったで賞

 

③班『十二支』

ねずみ・うし・とら・うさぎ・たつ・へび・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・いのしし(来年の干支は…えぇ~っと(笑))写真には「ネコ」が写っていますが、ネコが十二支に入れなかったエピソードに思わず『へぇ~』だったで賞

 

④班『たけしの恩返し』

「バブリー」な赤い服のお姉さんの登場からは想像もできない、まさか!の展開に、年甲斐もなく泣かされてしまったで賞

 

みんなの『この笑顔』が今年の人形劇発表の成果です! 1年生のみんな~来年は皆さんたちの出番で~す♪ 1年後も楽しみにしてますね(^O^)/